コンテンツへスキップ

東芝の7000ドル以上の400GBSSD:SAS 6Gb / s、SLCフラッシュ、および大きな耐久性

    1652143502

    東芝のSASベースのエンタープライズクラスSSD

    エンタープライズクラスのストレージへようこそ。賭け金はここで公式に高くなっています。多くの大企業は、最も要求の厳しい環境でのバトルテストが行​​われている従来のSASベースのハードドライブを引き続き使用していますが、パフォーマンスの向上が無視できないほど重要であるため、ソリッドステートテクノロジーの採用が進んでいます。ソリッドステートストレージへの移行は困難な投資のように思われるかもしれませんが、1つまたは2つのSSDのランダムI / OがJBOD全体に相当するショートストロークディスクを置き換えることができるアプリケーションでは、多くの場合、購入して電源を入れたままにする方が安価です。

    デスクトップの世界では、SSDで最高のフラッシュメモリを使用しているのは誰か、ファウンドリフロアから削り取られたものを誰が使用しているのかについてベンダーが口論しています。しかし、ミッションクリティカルなサーバーについて話している場合、より安い価格という名目で信頼性を妥協する余地はありません。数千テラバイトではないにしても数百のデータを書き込むには、eMLCベースまたはSLCベースのSSDが必要です。そして、一方では、これらのクラスのNANDに基づいてドライブを販売しているベンダーの数を数えることができます。 

    もちろん、エンタープライズ向けSSDを販売している企業が少ないからといって、競争が激しくないというわけではありません。大企業は何千ものドライブを購入し、高いパフォーマンスと信頼性を提供できるハードウェアに割増料金を支払う用意があります。東芝は、ハードドライブとNAND製造に関する多くの経験をテーブルにもたらし、エンタープライズ指向のSSDで何ができるかについて独自の視点を提供します。

    その視点は、同社の主力製品であるMKx001GRZBファミリーのSSDに表れています。100、200、および400 GBの容量で利用可能なToshibaは、デスクトップSSDレビューからは毎日(またはほとんど実際には)見られないいくつかの仕様を備えた非常にハイエンドなラインナップを備えています:6 Gb / s SAS接続とSLCNAND。

    ToshibaMKx001GRZB仕様MK1001GRZBMK2001GRZBMK4001GRZBRAWNANDユーザー容量インターフェイスセクターサイズシーケンシャルリードシーケンシャルライト4KBランダムリード4KBランダムライト消費電力(アクティブ)保証

    128 GB
    256 GB
    512 GB

    100 GB
    200 GB
    400 GB

    SAS 6Gb / s

    512、520、528

    500 MB / s

    250 MB / s

    90 000 IOPS

    16 000 IOPS

    6.5ワット

    5年

    今日の最速のデスクトップSSDで見慣れているものと比較すると、東芝のMKx001GRZBラインナップは、指定された書き込みパフォーマンスに必ずしも感銘を与えるとは限りません。ただし、読み取り速度は、最速のSATA 6Gb / s MLCベースのドライブとほぼ同等です(つまり、両方のインターフェイスがすでに最大に近づいています)。特にランダム読み取りのパフォーマンスに関しては、80000IOPSを超えると主張するSSDを見つけることはめったにありません。東芝が90000を引用していることは、実に印象的な成果です。

    そのハイエンド仕様に加えて、MKx001GRZBファミリも通常の2.5インチSSDのようには見えません。最初に15mmのz高さを採用しており、同社が現世代の10000および15000 RPM2.5″ハードドライブと同じフォームファクターに収まることを目指していることを明確にしています。エンタープライズスペースの密度を最大化するために、ますますそのサイズにシフトしています。

    大きなエンクロージャーの内部で、東芝は独自のコネクタを使用して2つのPCBをサンドイッチします。1つのボードには、Marvellの88SS9032-BLN2 8チャネルSASコントローラー、オンボードキャッシュ、および6つのSLCNANDデバイスが表示されます。もう1つには、10個のSLCNANDデバイスと4個のウルトラコンデンサがあります。SSDで見られるよりも高密度で複雑な設計の熱出力に対抗するために、各コンポーネントは、金属ケーシングに向かって熱を逃がすことができる熱パッドで覆われています。

    製品ライン全体が東芝の32nmfabプロセスを使用して製造されたNANDを備えていると言われていますが、特に400 GBモデルをテストしているため、サンプルの各NANDパッケージは32GBのraw容量を示します。合計16個のパッケージを考えると、合計512 GBになり、エンタープライズクラスのデバイスで一般的に使用されるオーバープロビジョニングの標準の28%に相当します。

    0 0 votes
    Rating post
    Subscribe
    Notify of
    guest
    0 comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x