コンテンツへスキップ

Philips 436M6VBPAB Momentum43インチ4KFreeSyncモニターレビュー:テレビよりも優れている

    1649486703

    私たちの評決

    テレビをモニターとして使用することを検討している場合、Philips 436M6は、テレビの入力遅延なしで両方の長所を提供します。精度、広い色域、正直な1,000ニットにより、優れたHDRが実現し、最新のUHD素材が輝きを放ちます。現在、このモニターには実際の競合はありません。

    にとって

    明るい
    優れたHDR
    FreeSync
    広い色域
    キャリブレーションなしで正確
    ビルド品質
    便利なリモコンが付属しています

    に対して

    限られた校正オプション
    中途半端な入力ラグ
    スタンドの調整はほとんどありません

    機能と仕様

    超大型の画面以外でゲームをしない人もいます。50インチのUltraHD(UHD)TVを1,000ドル未満で購入できる場合、32インチのモニターは機能しません。ただし、テレビでのゲームには、入力ラグが大きいことや、DisplayPortやNvidiaG-SyncやAMDFreeSyncなどのアダプティブ同期テクノロジーがないことなど、いくつかの妥協点があります。

    フィリップスは、この市場のギャップをフィリップス436M6VBPABモメンタム(436M6)、4,000:1の静的コントラスト、UHD解像度、FreeSync、HDR、1,000ニットのバックライトを備えた43インチVAパネルで埋めようとしています。価格は959.99ドル/747.99ポンドで、多くの小型UHDモニターよりも安価です。ゲーマーをジャンボスクリーンゲームの世界に没頭させるためのチョップはありますか?見てみましょう。

    436M6で最初に気付くのは、必要なデスクスペースの大きさです。38インチ、21:9ディスプレイよりも大幅に幅は広くありませんが、高さはほぼ2倍です。画面のスペースの量は、私のように32インチのパネルにさえ慣れている人にとっては目を見張るものになるでしょう。私は30インチ離れたところに座っていたので、すべてを取り込むことができませんでした。それ以上ではないにしても、40インチほど離れたところに押し戻したいと思うでしょう。

    Asus ROG Swift PG27UQ(HDR LED)、Amazonで$ 2,219.99

    仕様

    ブランドとモデル
    フィリップス436M6VBPABの勢い

    パネルタイプ/バックライト
    量子ドットフィルムエッジアレイを備えたVA/青色LED

    画面サイズ/アスペクト比
    42.5インチ/16:9

    最大解像度と更新
    3840×2160 @ 60Hz密度:103ppiFreeSyncリフレッシュレート:23-60Hz

    ネイティブカラー深度/色域
    10ビット(8ビット+ FRC)/ DCI-P3

    応答時間(GTG)
    4ms

    輝度
    SDR:400 nitsHDR:1,000 nits

    対比
    4,000:1

    スピーカー
    2x 7w、DTS調整

    ビデオ入力
    2 DisplayPort 1.4(1x Miniを含む)1x HDMI 2.0、1x USB-C

    オーディオ
    3.5mmインおよびアウト

    USB
    3.0:2倍ダウン

    消費電力
    明るさ71w@200 nits

    パネル寸法(ベース付きWxHxD)
    38.5 x 26×10.4インチ978×660 x 262mm

    パネルの厚さ
    2.5インチ/63mm

    ベゼル幅
    上面/側面:.7インチ/ 18mm底面:.9インチ/ 24mm

    重さ
    32.4ポンド/14.7kg

    保証
    3年

    考慮すべきもう1つの問題は、ピクセル密度です。3840 x 2160は、一般的に利用可能な最高のモニター解像度です。しかし、広い領域に広がると、ピクセル密度は27インチQHDモニターのピクセル密度よりも低くなります。フィリップスの近くに座っていれば、個々のピクセルを見ることができました。Windows 10のフォントスケーリングを微調整して、理想的なサイズとして125%に決めました。画像は、細かいテキスト、アイコン、グラフィックのいずれで構成されていても、常に鮮明に見えました。

    ストリーミングインターフェイスやチャンネルチューナーが必要ない場合は、モニターはテレビとしても正常に機能します。HDMI 2.0ポートを備え、HDCP2.2コンテンツ保護をサポートします。UHDブルーレイプレーヤーでは動作しないというユーザーのコメントをいくつか見ました。ただし、私たちのテストでは、Philips BDP-7501と問題なくインターフェースし、Oceans8の4K/UHDコピーを再生して素晴らしい仕事をしました。

    開梱とアクセサリー

    436M6は組み立てる必要はありませんが、リモコンも開梱することを忘れないでください。電源は内部にあるため、フィリップスはUSB-C、HDMI、およびDisplayPort用のケーブルとともにIEC電源コードを提供しています。印刷されたクイックスタートガイドも含まれており、より詳細なドキュメントはフィリップスのWebサイトで入手できます。

    製品360

    テレビの比較をさらに進めるのは、モニターの広くて光沢のあるベゼルと大きな金属製のスタンドです。それはかなりしっかりしていて、転倒する可能性は低いようです。人間工学に基づいた唯一の調整は傾斜であり、支点はパネルの下部近くにあります。ただし、この大きさの画面は、高さを調整できないため、完全に垂直のままにしておくことをお勧めします。ブラケットのユーザーは、リアVESAマウントがほとんどのモニターに見られる通常の100mmブラケットではなく200mmであることに注意する必要があります。

    有能なアンチグレアレイヤーは、使用中に反射を抑え、粒子や歪みのない鮮明な画像を提供しました。オンスクリーンディスプレイ(OSD)コントロールは、背面の約半分にある1つのジョイスティックです。電源を入れると、メニューにアクセスできます。ただし、設定を操作するためのより良い方法は、洗練された小さなリモートです。バックライトは付いていませんが、非常に直感的で応答性があります。リモコンには、入力選択と画像モード用のいくつかのホットキーと、明るさとスピーカー音量用の便利なロッカーがあります。

    スピーカーと言えば、内蔵ユニットは印象的な7ワットを出力し、通常のモニターよりもはるかに大きな音で再生します。これは、大きなシャーシによって提供される余分な呼吸スペースが原因である可能性があります。DTSチューニングは、音質をさらに向上させるのに役立ちます。

    フィリップスのAmbiglow機能は、デスクに柔らかな照明効果をもたらします。画面上の画像と色を一致させる機能により、明るさと色を制御できます。微妙ですが、オンになっていないときは見逃しました。

    ビデオ入力には、HDCP2.2コンテンツ保護を備えた単一のHDMI2.0ポート、2つのDisplayPort 1.4コネクタ(1つはMini)、およびUSB-Cが含まれます。2つのダウンストリームUSB3.0ポートもあります。オーディオは2つの3.5mmジャックでカバーされています。1つは入力、もう1つは出力です。

    OSDの機能

    OSDを最初に開いたとき、画像モードがないと思うかもしれません。ただし、リモコンの左下ボタンを押すと、専用のSmartImageメニューが表示されます。これには7つのプリセットが含まれており、そのうちの1つは画面の均一性を向上させますが、コントラストを25%低下させます。サンプルはその部門で問題がなかったため、このモードを回避しました。デフォルト設定はオフです。これにより、sRGBとDCI-P3の両方の色域で最高の色精度が得られます。436M6は、多くの最新のディスプレイと同様に、低青色光機能を備えています。

    [画像]メニューには、ダイナミックコントラスト、オーバードライブ、5つのガンマプリセット、シャープネスに加えて、通常の輝度コントロールがあります。明るさを除いて、これらのスライダーを調整しなくてもモニターは正確です。快適なレベルを見つけるために、これを下げたいと思うでしょう。出力は驚異的です。デフォルト設定の70で、400ニット以上を測定しました。ここで注意すべきもう1つの設定は、HDRモードです。HDR10信号がプリセットされている場合は、VESA HDR 1000に設定することをお勧めします。これにより、最高のコントラストと最も正確な色が提供されます。HDRの場合、他のすべての設定はグレー表示されます。

    キャリブレーションは必要ありませんが、[カラー]メニューには7つの色温度プリセット、sRGBモード、およびRGBスライダーがあります。sRGBモードは、SDRの色をダイヤルダウンする唯一の方法です。余分な飽和を望むユーザーは確かにDCI-P3を望むでしょう。ただし、精度が目標の場合は、sRGBを選択してください。

    セットアップとキャリブレーション

    436M6は、色の精度に関してはプラグアンドプレイです。デフォルトのSmartImageモードをオフにすることは、スポットオンのグレースケール、ガンマ、および色域の測定値を取得するための最良の方法です。ネイティブの色域はDCI-P3であり、標準の信号やPCアプリでは過飽和に見える場合があります。また、ゲームはさらに鮮やかになります。これは、タイトルが拡張カラー用に特別にコーディングされていない限り、不自然に見える可能性があります。sRGB色空間を表示するには、[色温度]メニューでそのオプションを選択します。また、すべての正しいターゲットにヒットします。

    バックライトはSDRモードでも非常に明るいので、200 nitが目標の場合は、かなり低くする必要があります。RGBスライダーにいくつかの変更を加えたところ、グレースケールの精度がわずかに向上しました。ただし、これを行うと、モニターがDCI-P3カラーモードにロックされるため、キャリブレーションはある程度の妥協点になります。HDRコンテンツの場合、最良の結果を得るにはVESAHDR1000に設定する必要があるHDRモードを除いて調整はありません。

    テストに使用した設定は次のとおりです。

    SmartImage
    オフ

    明るさ200ニット
    24

    明るさ120ニット
    9

    明るさ100ニット
    4

    明るさ78ニット
    0

    対比
    50

    ガンマ
    2.2

    色温度ユーザー
    赤100、緑94、青94

    0 0 votes
    Rating post
    Subscribe
    Notify of
    guest
    0 comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x