コンテンツへスキップ

Inland Performance Plus M.2 NVMe SSDレビュー:高速でクール

    1646301604

    私たちの評決

    Inland Performance Plusは、競合製品よりも低価格で非常に高速なGen 4パフォーマンスを提供し、新しい高性能M.2 NVMeSSDを探している人にとって魅力的な価値を提供します。

    にとって

    +魅力的な美学
    +競争力のあるパフォーマンス
    + 5年間の保証
    +ほとんどのワークロードでクールに保つ
    +ヒートシンクは簡単に取り外せます

    に対して

    -AES256ビット暗号化が不足している
    -サポートソフトウェアが不足している

    InlandのPerformancePlusは、高性能のPCIe 4.0 x4 M.2 NVMe SSDであり、購入できる最高のSSDに匹敵しますが、より安価な価格です。さらに、このSSDを集中的な作業負荷の下で涼しく保つために、巨大なヒートシンクが付属しています。内陸のブランドを認識していないかもしれませんが、それは何年もの間マイクロセンターの定番であり、Amazonからも入手できます。 

    InlandのPerformancePlusは、レビューを予定している同社の最近のスピーディーなSSDの1つです。InlandのSSDの多く(すべてではないにしても)は、PhisonブランドのSSDコントローラーを搭載しているように見えます。これにより、パフォーマンスと信頼性に関して何が期待できるかがわかります。ブランドはSamsungやCrucialほど大きくはありませんが、Phisonの助けを借りて、同社は多くのはるかに大きなライバルに対して、ストレージ分野で驚くほど競争力を維持することができます。

    ハードウェアに関しては、InlandのパフォーマンスPlusは、Gigabyte Aorus Gen4 7000s、Corsair MP600 Pro、およびSabrent Rocket 4Plusのデザインと似ています。これらの代替品と同じE18NVMeSSDコントローラーとMicronの96LTLCフラッシュを、洗練されたヒートシンクとともに活用しますが、ほとんどの場合、価格を下回ります。Inland Performance Plusは、高速Gen4SSDを探している人にとって確かな価値をもたらします。

    仕様

    Product1TB2TB

    価格設定
    189.99ドル
    399.99ドル

    容量(ユーザー/未加工)
    1000GB / 1024GB
    2000GB / 2048GB

    フォームファクタ
    M.2 2280
    M.2 2280

    インターフェイス/プロトコル
    PCIe 4.0 x4 / NVMe 1.4
    PCIe 4.0 x4 / NVMe 1.4

    コントローラ
    Phison PS5018-E18
    Phison PS5018-E18

    DRAM
    DDR4
    DDR4

    メモリー
    ミクロン96LTLC
    ミクロン96LTLC

    シーケンシャルリード
    7,000 MBps
    7,000 MBps

    シーケンシャル書き込み
    5,500 MBps
    6,850 MBps

    ランダム読み取り
    350,000 IOPS
    650,000 IOPS

    ランダム書き込み
    700,000 IOPS
    700,000 IOPS

    安全
    該当なし
    該当なし

    耐久性(TBW)
    700 TB
    1,400 TB

    部品番号
    1TB NVME PERF
    2TB NVME PERF

    保証
    5年
    5年

    Inlandは、1TBと2TBの容量のPerformance Plusを提供しており、価格はそれぞれ190ドルと400ドルです。保証範囲に関しては、InlandはPerformance Plusを5年間の保証、または容量1TBあたり最大700TBの書き込みのいずれか早い方でサポートします。    

    各容量は、最大7 GBpsの読み取りパフォーマンスを発揮できますが、書き込みの可能性はどちらも異なります。1TBモデルは最大5.5GBpsで書き込み可能ですが、より広い2TBモデルは、NANDダイの数が2倍になるため、最大6.85GBpsで書き込みを維持できます。さらに、ランダム読み取りのパフォーマンスは、1TBモデルよりも2TBの方がはるかに高くなります。1TB Performance Plusは、最大350,000 / 700,000のランダム読み取り/書き込みIOPSを提供するように評価されていますが、2TBモデルは最大650,000 / 700,000のランダム読み取り/書き込みIOPSを管理できます。

    よく見る

    Inlandには、Corsair MP600 Proと同様に適切に設計されたヒートシンクが含まれていますが、持続的な作業負荷の下で熱を抑えるための表面積を追加するために、さらにいくつかのカットがあります。ただし、14.5 x 23 x70mmのInlandのPerformancePlusは非常に厚く、取り付けようとしているM.2スロットによっては、GPUの配置を妨げる可能性があります。邪魔になる場合やマザーボードを使用したい場合ただし、ヒートシンクは簡単に取り外すことができます。

    Performance Plusの中心には、Phison PS5018-E18 PCIe 4.0 x4 NVMe 1.4SSDコントローラーがあります。SMARTデータレポート、セキュア消去機能、TRIMなどの機能に加えて、アイドル時の低消費電力のためのASPMおよびAPSTサポートも備えています。 

    Phisonの前世代のE16とは異なり、E18はゼロから構築されており、PCIe4.0ドライブのパフォーマンス機能が向上しています。トライコアのプライマリArmCortex R5アーキテクチャと、デュアルコアのコプロセッサを活用しているため、書き込み速度が非常に速く維持されます。さらに、2TBサンプルには2つの8Gb SK hynix DDR4 DRAM ICがあり、論理から物理へのマッピングテーブルへのアクセスを高速化し、応答性の高い読み取りを保証します。

    バルクストレージに関しては、Micronの96LTLCのパッケージが8つあります。2TBのサンプルには合計32のダイがあり、それぞれの密度は512Gbです。このフラッシュは、Micronが最近テストした176L TLCほど高速ではありませんが、コントローラーの8つのNANDチャネルで1200 MTpsで動作するため、多くの場合、最高のフラッシュに追いつくのに十分な速度です。  

    タグ:
    0 0 votes
    Rating post
    Subscribe
    Notify of
    guest
    0 comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x