コンテンツへスキップ

140ドルでの戦い:APUはIntel CPUとアドイングラフィックスを打ち負かすことができますか?

    1652143262

    AMDのAPUはCPUおよびディスクリートGPUよりも優れていますか?

    モバイルスペースに関しては、Llanoアーキテクチャに基づくAMDのAPUは強力です。より多くのリソースをグラフィックスに割り当てることで、同社は、生の処理能力よりもバランスの取れたアプローチを必要とするワークロードでのインテルの最善の努力を打ち負かすことができます。

    Neweggをざっと見てみると、A4-3400MとA6-3420Mを搭載したノートブックは500ドルから、A8-3520Mを搭載したモデルは550ドルという低価格であることがわかります。十分に高速なディスクリートGPUを備えたIntelのCPUをベースにしたモバイルマシンを競争させたい場合は、少なくとも650ドル(おそらく700ドル以上)を費やす必要があります。特に購入するソフトウェアがある場合は、その違いはかなりのものです。

    確かに、ノートブックのAPUの魅力を否定することはできません。しかし、AMDの高速処理ユニットがデスクトップ上でどのようにその地位を確立しているかについても興味があります。答える最終的な質問は、1つの価格のAPU(140ドルのA8-3870Kと呼びましょう)が安価なCPU(70ドルのPentium G620と呼びます)と安価なディスクリートグラフィックスカード(70ドルを使用します)よりも優れた性能を発揮するかどうかです。 DDR3メモリを搭載したRadeonHD6670)。もしそうなら、AMDの利点にシングルチップソリューションの利便性を追加することができます。ただし、個別のプロセッサとグラフィックカードの方が高速な場合は、各構成の長所と短所を比較検討する必要があります。

    Pentium G620AMD A8-3870KRadeon HD 6670 DDR3コード名:プロセス:CPUコア(スレッド):CPUクロック速度:インターフェイス:L2キャッシュ:L3キャッシュグラフィックコア:グラフィッククロック:サーマルエンベロープ:オンライン価格:

    サンディブリッジ
    リャノ
    トルコ人

    32 nm
    32 nm
    40 nm

    2
    4

    2.6 GHz
    3.0 GHz

    LGA 1155
    ソケットFM1
    PCIe2.0対応

    512 KB
    2 MB

    3 MB

    6つのEU
    400シェーダー
    480シェーダー

    650-1100 MHz
    600 MHz
    800 MHz

    65 W
    100 W
    66 W

    70ドル
    140ドル
    70ドル

    まず、処理コアを比較します。A8-3870Kには4つの実行コアがあり、Pentium G620には2つの実行コアが装備されています(ハイパースレッディングテクノロジーもありません)。AMDのチップは、3 GHzでより高速なコアクロックも提供します。これは、Intelの2.6GHz周波数と比べて遜色ありません。どちらのプロセッサも、ターボブーストやターボコアのような動的なスピードアップ機能の恩恵を受けていません。

    AMDのAPUの各コアには、64 KBのL1データとL1命令キャッシュが含まれており、プロセッサ全体で合計512KBになります。また、4つの1 MB L2キャッシュ(コアごとに1つのキャッシュ)を使用し、L3キャッシュは使用しません。Pentiumには、2つの32 KB L1データとL1命令キャッシュ、合計128 KB、2つの256KBL2キャッシュと共有3MBL3キャッシュが付属しています。

    グラフィックスの面では、AMDのA8-3870Kには600MHzでクロックされる400個のシェーダーがあります。IntelのPentiumG620には、650〜1100 MHzで動作する6つの実行ユニットで構成される独自のHDグラフィックスエンジンがありますが、特に最大の資産であるQuick Syncがハードウェアで無効になっているため、このストーリーではそれを無視しています。代わりに、Pentiumプロセッサを800MHzで動作する480シェーダーを備えたディスクリートRadeonHD6670DDR3に適合させています。仕様に基づくと、アドインボードにはかなりの利点があるようです。 

    興味深いことに、ディスクリートRadeonカードには800 MHz DDRメモリが含まれており、これがシステムRAMとして使用されており、APU構成を補完しています。また、IntelのPentiumとAMDのRadeon HD 6670 DDR3の電力使用量を合計すると、101Wになります。これはA8-3870Kよりも1ワット多くなります。クレイジーだよね?

    ワイルドカードはAMDのロック解除された乗数であり、より柔軟なオーバークロックを容易にします。それに比べて、Pentiumの動作周波数では多くのことを行うことはできません。幸い、その補完的なRadeonHD6670は微調整できます。 

    仕様を考えると、PentiumカードとRadeonカードが一緒になって、ゲーム環境でAMDのAPUを凌駕すると想定する必要があります。ただし、プロセッサ指向の生産性テストでは、特にスレッド化されたベンチマークでは、4つの3GHzコアが2つの2.6GHzコアよりも優れているはずです。

    0 0 votes
    Rating post
    Subscribe
    Notify of
    guest
    0 comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x