コンテンツへスキップ

2013スバルレガシィセダン:実用的な技術を備えた中型ライド

    1652057342

    その要素で:スバルの2013レガシィ2.5iリミテッド

    スバルは自動車会社として興味深い歴史を持っています。富士重工業(ゼネラルモーターズに相当する日本のコングロマリット)の子会社として、最初のスバル車は1954年に1500として誕生しました。日産はなんとかスバルの20%の株式を取得し、30年以上それを保持しました。ゼネラルモーターズに売却されたルノーとの合併まで。GMの所有下で、スバルインプレッサがサーブ9-2xとしてリバッジされたのを見ました。しかし、それ以外の点では、ブランドは汚染されていませんでした。同社は2000年代半ばに再びトヨタに手を変えた。

    一方、スバルオブアメリカは、1968年にマルコムブリックリンによって設立されたスバル車の流通経路としてスタートしました。ブリックリン氏に不慣れな方は、彼が解き放った車両の疫病であるユーゴーに精通しているかもしれません。彼が設立した会社であるInternationalAutomobileImporters(IHI)を通じて米国。富士重工業は、80年代半ばにスバルオブアメリカの完全な所有権を取得し、今日最もよく知られている自動車会社を設立しました。

    現在、スバルは米国だけで年間30万台以上の自動車を販売しています。トヨタはそれより多くのカムリを販売していますが、それでもかなりの数です。

    それは今日のレビューの焦点に私たちをもたらします、スバルの2013年のレガシー、すっきりとした外観、新しいベースモーター、そして新しいドライバー支援技術の受信者。残念ながら、ターボチャージャー付きモーターとマニュアルトランスミッションを備えたスバルレガシィ2.5GTは、ドードーバードの道を進んだため、使用できなくなりました。レガシーからより多くのパフォーマンスを探しているドライバーは、より大きな6気筒モーターと5速オートマチックトランスミッションを搭載した3.6Rを残しています。

    ナビゲーションと視力ドライバー支援システムを備えた2013Legacy2.5i Limitedを受け取り、雨の多いワシントン州で1週間過ごしました。

    0 0 votes
    Rating post
    Subscribe
    Notify of
    guest
    0 comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x